2018年W杯の名試合を振り返る!フランス対アルゼンチン

FIFA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

競合ひしめく決勝トーナメント1回戦は、フランス対アルゼンチンという屈指の好カードとなりました。
今回は、ともにワールドカップ制覇の経験を持つ両チームが激突したこの試合を解説していきたいと思います。
また、選手情報や、2チームの2018年ワールドカップの成績なども調べていきます!

両チームのスターティングメンバーは?

フランス           アルゼンチン

1ウーゴ・ロリス       12フランコ・アルマーニ
21リュカ・エルナンデス   3ニコラス・タグリアフィコ
5サムエル・ウムティティ   16マルコス・ロホ
4ラファエル・ヴァラン    17ニコラス・オタメンディ
2バンジャマン・パヴァール  2ガブリエル・メルカド
13ヌゴロ・カンテ      7エベル・バネガ
6ポール・ポグパ       14ハビエル・マスチェラーノ
14ブレーズ・マチュイディ  15エンツォ・ペレス
7アントワーヌ・グリーズマン 11アンヘル・ディ・マリア
10キリアン・ムバッペ    10リオネル・メッシ
9オリヴィエ・ジルー     22クリスティアン・パボン

名勝負の結果は?試合内容を解説

試合スコア:フランス4−3アルゼンチン

得点者
アントワーヌ・グリーズマン(13分) アンヘルディ・マリア(41分)
バンジャマン・パヴァール(57分)  ガブリエル・メルカド(48分)
キリアン・ムバッペ(64分)     セルヒオ・アグエロ(90+3分)
キリアン・ムバッペ (68分)

試合内容

ゆっくりとした立ち上がりで進んでいき、試合が動いたのは12分。
パスに抜け出したキリアン・ムバッペがハーフライン手前から独走し、カウンターを仕掛ける。
このドリブルに相手DFはたまらず倒してしまい、フランスはPKを獲得。
これをアントワーヌ・グリーズマンがしっかりと決めてフランス先制。
しかし、前半41分にアンヘルディ・マリアがペナルティエリアからさらに距離がある位置で、狙いすましたシュートを放ち同点にする。

アンヘルディ・マリアのスーパーゴールで1−1に追いつき前半終了。

後半開始直後にリオネルメッシのシュートのようなパスに、ガブリエル・メルカドが合わせて逆転。
その9分後にはフランスの左サイド、リュカ・エルナンデスのクロスがバンジャマン・パヴァールにわたりダイレクトボレー。
アウトサイドで放ったシュートは鋭い回転がかかりゴールに吸い込まれた。
さらに64分には、リュカ・エルナンデスのクロスが相手DFの混乱を呼び、そこに抜け出したキリアン・ムバッペが冷静に決めてゴールを挙げる。
さらに勢いは止まることなく、68分にフランスが仕掛ける。
華麗なパスワークで相手を崩し、最後はオリビエ・ジルーのラストパスにキリアン・ムバッペが流し込んで、
この試合2得点目となるゴールを挙げる。4−2でフランスリードのまま試合は進んでいたところ、
アルゼンチンがロスタイムに意地を見せる。エースのリオネル・メッシが絶妙なフライスルーパスをだし、
セルヒオ・アグエロがヘッドで決める。最後の最後まで猛攻を仕掛けたアルゼンチンだが、あと一歩届かず試合終了。

2018年W杯のフランス代表とアルゼンチン代表の結果は?

グループリーグ

グループCに所属しているフランスは、グループリーグを2勝1分という形で1位通過。
グループDに所属しているアルゼンチンは、グループリーグを1勝1敗1分という形で2位通過を果たします。

決勝トーナメント

上でも紹介した通り、決勝トーナメント1回戦で両チームが対戦し、4−3でフランスが勝利します。その後フランスはウルグアイに2−0で勝利し、準決勝へ進みます。準決勝ではベルギーと対戦し、1−0の接戦をものにします。決勝戦の相手はクロアチア。4−2と強さを見せつけ、ワールドカップ優勝という最高の結果で終わりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIFA
The history of World Cup

コメント